〜心とカラダ〜(2)



〜心とカラダ〜(1)からの続きです。


生き辛く感じてはいても

その事がカラダへと影響しているなど

気付きもせず、過ごした事で

8年前に子宮筋腫による子宮全摘(T-T)

そこで初めて重大さを感じました。



子宮全摘を余儀なくされ

とてつもなく落ち込み 悩み 

自分を責め 後悔しかありませんでした。

受け入れることなどできなくて

それでも手術の日は確実に近づいて。



女として女性としてこの世に生を受け

その象徴であるものを失う

言葉にはならない感情でしかありません。

それでも命はあるのでそのことには

心から感謝をして生きて行こうと

自分に言い聞かせていました。


人間のカラダって

不必要なものは何1つないこと

子宮の役割とは

受精卵を育むベットルーム

良いエネルギーも悪いエネルギーも

子宮にためるのだとか

その場所を失くした重大さを

身をもって体感しました。



ヤング・リヴィングには

カラダと精神へとアプローチしてくれる

シングルとブレンドのオイルがあります。

傷ついた心を癒しながら

カラダへの労りもしてくれる。


オイルを嗅ぎながら

ちゃんと自分に向き合う

良くも悪くもそこにある自分が全て

こんな自分もあんな自分も○(マル)

自分のことを愛する(自己愛)ことが

できるようになりました。




まだまだ伝えきれてはいません。

また、ご自身で体験していただくことでしか

感じていただくことはできないと

思っています。

何故なら 経験無くしては

今の私 これから感じていただくあなたでしか

ないから…

同じように 感じて生きている方へ

この経験を伝えて

1人でも多くの方に 

心とカラダ共に健やかに居て欲しくて

これからも 伝えていきたいと思います。